FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

出産内祝いの「かけ紙・のし・表書き・名前」 

出産内祝いの「かけ紙」は、紅白の水引で蝶結び(花結び)のものを使用します。水引の本数は、5本。少し丁寧な贈りものには7本を使う場合もあります。

水引を「蝶結び」にする理由は、結び目がほどけてまた結ばれる=繰り返されるようにという願いが込められているからです。


「のしあわび」は、かつお節やハムなどの生臭物やお酒を贈るとき以外は付けます。


表書きは、水引の上に「内祝い」または「出産内祝い」と丁寧に読みやすく書きましょう。


水引の下には、生まれた子供の名前を書きますが、これには赤ちゃんの名前をお披露目をする意味があります。読み方が難しい場合は、ふりがなを付けます。

さらに、宅配会社などの伝票の差出人は、お相手が誰からの贈り物かわかる方の名前にします。


万が一、死産だったり、生まれて間もなく赤ちゃんが亡くなった場合には、すでにお祝いをいただいている時には連絡をして、49日の忌明けの頃に、「水引・のし」なしの白紙に「御礼」と書いて品物を贈ります。
出産内祝い のし紙

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uchiiwai.blog17.fc2.com/tb.php/25-6986c7c1

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。